飛ぶボール・曲がるボールなど目的に応じたゴルフボール

当然ながらゴルフをするのには道具が欠かせないわけで、その一つがゴルフボール
というわけですね。そのゴルフボールですが、ボールであれば大きさは何でもいい
というわけではなく、直径1680インチ以上という風に定められています。

また、ボールの種類も1種類だけではありません。実際、初心者がいきなり買いに
行くと、その種類の多さにわけがわからなくなるかもしれません。

ゴルフボールの基本的な分類ですが、制御がききやすいボールと飛びやすいボールに
分かれます。目的に応じて使い分けられるわけです。例えば、グリーン上にボールを
乗せたいのであれば前者、いわゆるスピン系のゴルフボールを使うのが良いです。
後者はいわゆるディスタンス系のゴルフボール。こうした性質の違いは、異なる材質で
作る事によって実現されているのです。

小難しい話でよくわからないというのであれば、最初は気にする必要はありません。
初心者に適したゴルフボールなんてのもありますので、最初はそちらを買ってみて
試してみればよいでしょう。慣れれば知識も自然と身につきます。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。